明治前期普通教育論史研究 もくじ

 

                           武田 晃二

 

序                                    

 第1節 対象と方法(1)

 第2節 対象と方法(2) 

 第3節 課題、視点および意義

 第4節 先行研究

 注

第 1 章 前史ー「学制」公布まで                    

 第1節 前島密の「普通教育」観

 第2節 木戸孝允「普通教育の振興を急務とすべき建言書案」をめぐって

 第3節 「普通学」概念とその性格

 第4節 小幡甚三郎の「教育論」

 第5節 福沢諭吉の「普通教育」観

 注

第 2 章 「学制」初期                          

 第1節 「学制」制定をめぐる文部省内の矛盾

 第2節 「人民」と「人」

 第3節 西潟訥の「普通学」

 第4節 山田顕義の「普通学」

 注

第 3 章 「学制」の具体化と普通教育                   

 第1節 文部省内部の矛盾の顕在化

 第2節 田中「上申書」

 第3節 「普通教育」概念の公用語化

 第4節 督学局内部の矛盾と督学局廃止

 第5節 「普通教育」概念の普及

 第6節 府県指導部の「教育ノ初級」認識

 第7節 「普通教育」概念の明確化

 注

第 4 章   明治10年前後にあらわれた「普通教育」論           

 第1節 山田行元の「普通教育法」の提唱

 第2節 植木枝盛の「普通教育論」

 第3節 古渡資秀の「教育」観

 第4節 下村松造の「普通教育」論  

 第5節 福沢諭吉の教育論

 第6節 小幡篤次郎の「教育」論

 注                                                    

第 5 章 「普通教育」の法令用語化                   

 第1節 西村茂樹大書記官の「普通教育」観

 第2節 九鬼隆一大書記官の「普通教育」観

 第3節 「学監日本教育法」とその「説明書」

 第4節   「普通ノ教育」と「普通教育」

 第5節   「普通教育」権論

 注

第 6 章第1次教育令の具体化と「普通教育」問題            

 第1節 第1次教育令、とくに第3条の具体化

 第2節 「普通教育ノ正格」をめぐって

 第3節 「新定教育令ヲ更ニ改正スヘキ以前ニ於テ現在施行スヘキ件 」

 第4節 「普通教育ノ衰頽ヲ挽回スルコト、焦眉ノ急ニ属ス」

 第5節 文部省原案にみる「普通教育」論

 第6節 改正案審議における「普通教育」論

  

第 7 章 第2次教育令制定の具体化と普通教育政策           

 第1節 1881年第1期の普通教育政策

 第2節 河野文部卿の転出問題

 第3節 1881年第2期の普通教育政策

 第4節 嚶鳴社社員追放問題

 第5節 1881年第3期の普通教育政策

 第6節 農商務省の職制第2項と普通教育問題

 注

第 8 章 第2次教育令公布前後にあらわれた「普通教育」論        

 第1節  島田三郎の「普通教育」論

 第2節 庵地保の「普通教育」論(その1)

 第3節 赤松常次郎の「普通教育」論

 第4節 杉享二の「他力教育」論

 第5節 教育会と「普通教育」

 第6節 教育学文献と「普通教育」

 注

第 9 章   『文部省示諭』における「普通教育」論

 第1節 「普通教育」の目的・性格

 第2節 「普通学校」制度の基本構造

 第3節 「中等教育」概念の創出

 第4節 「専門教育ト普通教育トノ関係」

 第5節 その他の「普通教育」機会あるいは機関

  

第10章 第3次教育令とその普通教育史上の位置            

 第1節 第2次教育令改正の契機と目的

 第2節 第3次教育令と普通教育の「改良拡張」

 第3節 「小学校及小学教場教則綱領」

 第4節 森御用掛の教育構想

  

第11章 「普通教育」から「国民教育」論へ              

 第1節 西村貞の「普通教育ノ要」

 第2節   九鬼隆一文部少輔の「普通教育」観

 第3節 本島初蔵の「普通教育普及改良ノ一方案」

 第4節 庵地保の「普通教育」論(その2)

 第5節 大窪実の「普通教育」論

 第6節 教育雑誌等に見る「普通教育」論

 第7節 森有礼の「普通教育」論

 注

     庵地保の生涯と仕事                      

終 章                               

史 料 島田三郎「茨城師範学校における演説」            

      

 

 

 

 

凡 例

 

1.引用した史料については、全体として、漢字の字体を通行の字体に改めたほかは 原則として

 原文通りとした。なお、末尾に史料として掲げた「茨城師範学校における演説」については原文

 のままとした。

2.比較的長文にわたる引用については、適宜改行を設け、句読点を施した。

3.年代表記については原則として西暦(和年号)としたが、必要な場合は和年号だけとした場合

 もある。

4.各章毎に注を配置した。

5.教育令は2度改正されるがそれぞれを第1次、第2次、第3次教育令と呼称することとした。