普 通 教 育 に つ い て (目次)


はじめに
序 章 今なぜ、普通教育か
 

第二章 すべての子どもたちに普通教育を受けさせるのは国民の義務
       ー日本国憲法と普通教育ー
  第一節 前文と普通教育
  第二節 広義の教育と普通教育ー第一項について
  第三節 すべての子どもに普通教育を受けさせることは国民すべての義務ー第二項の意       義
  第四節 「義務教育」についてー制定過程に触れて
  第五節 普通教育の行政解釈
  第六節 第八十九条について

第三章 「人間の育成」のうえに「国民の育成」を
      ー教育基本法と普通教育ー
 第一節 前文と普通教育
  (一)「個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成」について
  (二)「普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育」について
  第二節 九年間の普通教育ー第四条について
  第三節 他の条項と普通教育
  第四節 教育基本法制定過程にみる普通教育問題

 第四章 普通教育の目標
      ー学校教育法と普通教育ー
  第一節 三段階の普通教育
  第二節 初等普通教育の目標
  第三節 中等普通教育の目標
  第四節 「高等普通教育および専門教育」の目標
  第五節 特殊教育、幼稚園、専修学校と普通教育
  第六節 中高一貫教育と普通教育
  第七節 義務教育または就学義務と罰則
  第八節 学校教育法制定過程にみる普通教育問題 

 第五章 「個性尊重の教育」
      ー戦後教育課程政策の出発と普通教育ー
  はじめに
  第一節 戦後教育課程改革の展開
  第二節 教科課程改正準備委員会の発足と「教育の目的」
  第三節 『新教育指針』ー個性尊重の教育ー
  第四節 教育刷新委員会と普通教育問題
  第五節 「学習指導要領一般編(試案)」作成へ
  第六節 「学習指導要領一般編(試案)」について

 第六章 普通教育の偏重是正政策
     ー五〇年代の教育政策と普通教育ー
  第一節 新たな「国民教育」再構築のための教育課程政策の展開
  第二節 道徳教育政策の始動と「学習指導要領一般編(試案)」の改訂
  第三節 普通教育偏重是正策の登場
  第四節 「普通教育」偏重是正政策の展開とその背景
  第五節 普通教育の理念に対立する「国民実践要領」  
    第六節 「社会科」の変質
    第七節 高等学校学習指導要領改訂と普通教育    
    第八節 産業教育振興法および理科教育振興法の制定
    第九節 臨時教育制度審議会設置法案と普通教育
    第十節 一九五八年の教育課程審議会答申と普通教育

第七章 「国民教育」論の展開 
 第一節 上原専禄氏および五十嵐顕氏の「国民教育」論について
 第二節 矢川徳光氏の「国民教育」論
 第三節 勝田守一氏の「国民教育」論

第八章 一九七一年中央教育審議会答申と普通教育
 第一節 答申の背景
 第二節 中央教育審議会答申の性格
 第三節 「今後の社会における人間形成の根本問題」について
 第四節 「教育体系の総合的な再検討と学校教育の役割」について

第九章 「普通教育のとらえなおし」
  第一節 堀尾輝久氏の普通教育論
  第二節 中内敏夫氏の普通教育論
  第三節 城戸幡太郎氏の普通教育論
  第四節 『岩波教育小辞典」(一九七二年)の「普通教育」について
  第五節 『広辞苑』にみる「普通教育」について
 
 第十章 「個性重視の原則」
     ー臨時教育審議会答申と普通教育ー  
 第一節 中央教育審議会答申以後の教育状況
 第二節 教育改革の必要性(一)
 第三節 教育改革の必要性(二)
 第四節 教育改革の必要性(三)
 第五節 教育改革の視点(一)ー「個性重視の原則」について
 第六節 教育改革の視点(二)ー「生涯学習体系への移行」について
 第七節 初等中等教育の充実と改革(一)ー徳育の充実ー
   第八節 初等中等教育の充実と改革(二)ー基礎・基本の徹底と個性の伸長ー

第十一章 普通教育を空洞化させる教育課程政策の展開
 第一節 一九七六年の教育課程審議会答申と普通教育
 第二節 第十三期中央教育審議会・教育内容等小委員会の「審議経過報告」
 第三節 一九八七年の教育課程審議会答申と普通教育

第十二章 九〇年代の教育政策と普通教育
 第一節 全般的な状況
 第二節 指導要録の改訂
 第三節 いわゆる「問題行動」対策
 第四節 学校週五日制
 第五節 学校制度の改変ー「中等教育」制度を中心にー
 第六節 「ゆとり」の中で「生きる力」をはぐくむ
 第七節 「心の教育」政策と普通教育
 第八節 教育課程審議会答申
 第九節 「生涯学習社会」の構築
 第十節 「生涯学習社会」の構築のための地方教育行政のあり方
 第十一節 中央教育審議会答申「初等中等教育と高等教育との接続の改善について」
 第十二節 教育基本法および日本国憲法改正論と普通教育

終  章 普通教育ー「死語」から「復権」へー
 第一節 一般的な状況
 第二節 佐々木享氏の普通教育論
 第三節 佐藤学氏の普通教育論
 第四節 普通教育に関連する国際的動向

補論 普通教育の思想と歴史ー素描ー
  はじめに
  第一節 ルソーの普通教育論
  第二節 コンドルセの普通教育論
  第三節 マルクス、エンゲルスの普通教育論
  第四節 戦前日本における「普通教育」概念とその変遷
   (一) はじめに「普通教育」ありき
   (二) 「普通教育」から「国民教育」へ

あとがき
索引