最終講義 「千の風になって」目次

1  なぜ「千の風になって」か

2  教員になるまで

3  模索の時代

 ♣ 経済学の勉強

 ♣ オウエンの研究

 ♣ 大学紛争の中で

 ♣ 小さな橋 の上で 

  ♣ 渡辺義晴先生のこと

 ♣ 緊張して30歳を迎えた

4  岩手大学の教員として

 ♣ 「道徳教育の研究」を担当することが条件

 ♣ 庵地保との出会い

 ♣ 「普通教育の時代」から「国民教育の時代」へ

 ♣ それは現在の問題

 ♣  普通学科と普通教育の二重構造

 ♣ この二重構造への回帰か?

 ♣ 教育学 研究の対象は普通教育

 ♣ 「鉱脈を発見したな」

  ♣ ソ連邦とロシア共和国 の「普通教育」

5  普通教育研究の新たな段階へ

 ♣ ようやく公開された重要史料

 ♣ 日本国憲法に位置づいたことの歴史的な意義

6  「排除と誤解の経過」の解明

 ♣ さっそく「普通教育偏重是正」政策

 ♣ 国民教育論の提唱

7  堀尾輝久氏の「普通教育のとらえなおし」論の解明

 ♣ 「近代教育原則」に内在する二つの流れ

8  増田孝雄、塚原義暁氏との出会い

9  教育基本法改悪に抗して

10 国内外の動向等

11 研究の活力源、あるいは「現実から出発する」ことの私なりのもう一つ          の世界

12  ようやく、スタート地点に

    ー子どもたちの周りに、教育の世界に、いつも普通教育の風が吹きわた  るようにー

資料  ①~⑨

1  なぜ「千の風になって」か

2  教員になるまで

3  模索の時代

 ♣ 経済学の勉強

 ♣ オウエンの研究

 ♣ 大学紛争の中で

 ♣ 小さな橋 の上で 

  ♣ 渡辺義晴先生のこと

 ♣ 緊張して30歳を迎えた

4  岩手大学の教員として

 ♣ 「道徳教育の研究」を担当することが条件

 ♣ 庵地保との出会い

 ♣ 「普通教育の時代」から「国民教育の時代」へ

 ♣ それは現在の問題

 ♣  普通学科と普通教育の二重構造

 ♣ この二重構造への回帰か?

 ♣ 教育学 研究の対象は普通教育

 ♣ 「鉱脈を発見したな」

  ♣ ソ連邦とロシア共和国 の「普通教育」

5  普通教育研究の新たな段階へ

 ♣ ようやく公開された重要史料

 ♣ 日本国憲法に位置づいたことの歴史的な意義

6  「排除と誤解の経過」の解明

 ♣ さっそく「普通教育偏重是正」政策

 ♣ 国民教育論の提唱

7  堀尾輝久氏の「普通教育のとらえなおし」論の解明

 ♣ 「近代教育原則」に内在する二つの流れ

8  増田孝雄、塚原義暁氏との出会い

9  教育基本法改悪に抗して

10 国内外の動向等

11 研究の活力源、あるいは「現実から出発する」ことの私なりのもう一つ          の世界

12  ようやく、スタート地点に

    ー子どもたちの周りに、教育の世界に、いつも普通教育の風が吹きわた  るようにー

資料  ①~⑨